ジョイアス城山避難訓練

皆様はじめまして。ジョイアス城山介護職員、行事担当の鍵和田です。
少しずつ肌寒さを感じながら長袖のシャツやジャンバーが必要となる季節になってきました。本日、9月23日、雨模様だったのですがジョイアス城山では避難訓練を実地しました。
本来なら、実際に地震や火災があったことを想定し本格的に行うのですが、
新型コロナウィルスの関係もあり、入居者の皆さんに協力をしてもらい、各フロアでエレベーターの前までの移動と職員が消火器を使用した訓練のみの実地となりました。本年度は新型コロナウィルスが猛威を奮っていますが、九州や広島にかけて猛威を振るった地震や台風は記憶に新しいところです。
今回は基本的な避難訓練となりましたが、他職員や施設の入居者様と協力し合って有意義な避難訓練ができたと思います。地震や災害はいつ襲ってくるのかわかりませんし、想像もつきません。でも、地震や災害に備える知識や対策、準備等は絶対に必要です。今回は、職員や入居者の皆様と避難訓練について考えるいい機会となりました。ジョイアス城山では、日々、入居者様とのコミュニケーションを大切にした活動をこれからも行っていきます。