線香花火レク~3F~

皆様、こんにちは。線香花火レク発案者の相馬です。
前回2階のレクリエーションでしたが今回11月13日(金)には3階の線香花火レクリエーションを行いました。
2階の時と同様に皆様笑顔も多く「懐かしかった」「以前やったのは何十年も前だった」等話されていました。

さて、今回の花火レクを思いついた時には初夏でした。新型コロナも落ち着いてきている所でございました。このまま終息していけばと期待もしていました。しかし、まだまだ新型コロナを意識した対応が必要でした。そんな中で3密等を防ぎながら皆様の印象に残る(思い出になる)ものを。更に非日常が提供できないかと思案し思いついた企画でした。実際に実現したのは11月と花火の季節からズレてしまいましたが、参加して頂いた皆様の話を伺うと好評であったので一安心な思いです。

線香花火レク~2F~

 みなさんこんにちわ。
少し前に、線香花火の西と東での違いについてお話させて頂きましたが
先日6日(金)に入居者の皆様とレクリエーションとして
東の長手線香花火を行いましたのでその模様をご報告させて頂きます。

ウィズコロナ対策として、6日は、2Fフロアの、希望者のみを対象に、
夕方より2回に分けて施設3Fの、テラスにて行われました。
少し風があり、肌寒さもあった為、1回10分程の短い時間でしたが
参加された皆様は笑顔で、童心に戻った、気分転換になった、懐かしかったと
喜んで下さいました。

引き続き3F、4Fの方も対象に行ないたいと思っております。
どうぞ、ご期待ください。

線香花火のおはなし

皆様、こんにちは。介護職員の佐野です。
今回のブログでは、今月レクリエーションを計画しております、『線香花火』を取り上げてみたいと思います。

*線香花火…スボ手牡丹を公家の遊びとして用いられ香炉の灰に立てて鑑賞しており、この様子が線香を立てているように見えたことから線香花火と呼ばれるようになったそうです。
皆さん、線香花火は、2種類あるのをご存じですか?

<西の線香花火>
スボ手牡丹は、300年変わらない線香花火の原型です。線香花火はワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが、始まりだと言われています。米作りが盛んな関西地方には、藁が豊富にあったため、このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきました。

<東の線香花火>
長手線香花火は、昔懐かしい線香花火です。関西から伝わる際、関東地方では米作りが少なく紙すきが盛んだった為、藁の代用品として紙で火薬包んで作られました。その為、長手牡丹は関東地方を中心に親しまれ、その後スタンダードな線香花火として全国に広がりました。スボ手牡丹に比べて燃焼時間が長いのが特徴です。

数年前に、西の線香花火を発見し、東の線香花火と一緒に楽しみました。
皆様も、楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハロウィン

皆様こんにちは。介護主任の杉田です。

10月も終わりに近づき、もうそろそろ11月。そう、ハロウィンの季節です。本日、10月30日ジョイアス城山ではハロウィンの行事を行ないました。
昼食はスペシャルランチ、カボチャの器のポットパイなどハロウィンを感じるメニューとなり、入居者様からは「きれい」「おいしい」との声聞かれました。

 

午後は職員が仮装をして、入居者様との記念撮影タイム!!
村田看護師の仮装には職員、入居者様ともにその綺麗な姿に驚かされました。入居者様もマントや帽子などを着け撮影に参加して頂きました。皆での仮装に笑顔があふれました。
「ハロウィンと言ったらお菓子」ということで、おやつにはクッキーを召し上がって頂きました。

以上、ジョイアス城山のハロウィンでした~。

ジョイアス城山避難訓練

皆様はじめまして。ジョイアス城山介護職員、行事担当の鍵和田です。
少しずつ肌寒さを感じながら長袖のシャツやジャンバーが必要となる季節になってきました。本日、9月23日、雨模様だったのですがジョイアス城山では避難訓練を実地しました。
本来なら、実際に地震や火災があったことを想定し本格的に行うのですが、
新型コロナウィルスの関係もあり、入居者の皆さんに協力をしてもらい、各フロアでエレベーターの前までの移動と職員が消火器を使用した訓練のみの実地となりました。本年度は新型コロナウィルスが猛威を奮っていますが、九州や広島にかけて猛威を振るった地震や台風は記憶に新しいところです。
今回は基本的な避難訓練となりましたが、他職員や施設の入居者様と協力し合って有意義な避難訓練ができたと思います。地震や災害はいつ襲ってくるのかわかりませんし、想像もつきません。でも、地震や災害に備える知識や対策、準備等は絶対に必要です。今回は、職員や入居者の皆様と避難訓練について考えるいい機会となりました。ジョイアス城山では、日々、入居者様とのコミュニケーションを大切にした活動をこれからも行っていきます。

ハロウィンの飾りつけ

ケアマネジャーの相馬です。
秋も深まり 朝夕は肌寒さを覚えるようになってきました。もう10月の中旬になりハロウィンを意識する時期になっています。今月に入ってから少しずつ行事担当の職員や一部の入居者様の協力を得て、ハロウィンの飾りつけを行いました。
新型コロナウィルス対策もあり、入居者の生活スペースにはご面会もご遠慮頂いている状況ですので、少しでも雰囲気を伝えることが出来ればと思い、写真を撮りました。この写真は、2階のエレベーター前の様子になります。各階少しずつ違った飾りつけになっていますが、同様に飾りつけをさせて頂いています。

10月の近況報告

皆様こんにちは。ジョイアス城山副施設長の本山です。
だいぶ暑さも弱まり、過ごしやすい日が多くなってきました。
10月より1か月間限定で、面会一時解除を行なっております。時間は短いですが、直接会えてよかったと好評をいただいております。
1日の面会件数に限りがございますので、ご面会希望の方は当施設まで問い合わせていただければと思います。

今回はコロナ渦でなければ、外出レクとして毎年行っていた小田原フラワーガーデンのバラの写真を添付させて頂きました。バラは真冬以外咲いている花ですが、見頃は5月頃と10月頃の2回あります。これから見頃のピークを迎えます。早く新型コロナウィルスが収束して、皆様で色々な所へ出かけられればと願い、添付させて頂きました。

ジョイアス城山 10月のイベント

 金木犀の芳香が漂う頃となり、日々秋の深まりを感じられる毎日ですが皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。
初めまして相談員の葛西と申します。

さて、ジョイアス城山では今月下記イベントを予定しており、順次本ブログにて様子をご報告させて頂きたいと考えております。

10/23(金) 避難訓練
10/30(金) スペシャルランチ & ハロウィーン 仮装パーティ

コロナ禍で出来る事に制限がありますが、少しでも皆様に安全な生活と
日々の楽しみをご提供できるよう企画準備しております。
どうぞご期待下さい。

ジョイアス城山、敬老会開催

皆様こんにちは。介護主任の杉田です。
9月21日(日)にジョイアス城山で敬老会を開催させて頂きました。感染症対策もあり、外部からボランティア等を呼んで行うような大々的なイベントは難しく、施設内で行える事を考えて、各階での体操と歌、小田原で有名なお菓子屋さんの水まんじゅうを皆で食べるといった行事にしました。水まんじゅうは「食べやすい」 「おいしい」との声聞かれ、皆様おいしそうに召し上がられていました。
更に、敬老の日という事で、スペシャルランチにも力を入れさせて頂きました。  (写真をご覧ください。)
コロナ禍で出来る事に制限がありますが、今後もアイデアを出し合って企画していきたいと思っています。

崎村調理師専門学校の生徒による慰問

皆様こんにちは、本日は少し涼しい日になってほっと一安心しています暑がりのケアマネジャー、相馬と申します。
9月18日(金)に行なわれました崎村調理師学校の生徒による慰問が行われました。
例年では、ジョイアス城山に生徒の代表数名が訪問し入居者の方々に直接会って頂き、ご挨拶と共に生徒作成のスイーツを提供して頂いていました。
今年は感染症予防の観点から、直接訪問は避け、館内放送での生徒によるご挨拶とさせて頂きました。今年のスイーツは水ようかんを頂き、ジョイアス城山職員により入居者皆様に提供させて頂きました。皆様が食べやすい軟らかさで、ご自身で召し上がっていらっしゃる方、介助で召し上がっていらっしゃる方共に食べやすいと好評でした。
9月21日(月)には、敬老会を企画しています。またご様子をお知らせできると思います。